好きな車

好きな車を紹介〜テスラ・モデルS&テスラ・ロードスター

更新日:

サイズを除けば素晴らしいEV~テスラ・モデルS

photo by Al Abut

 

現在、EVの売れ行きは伸び悩んでいますが、そんな中で米国のテスラ社の業績は、比較的堅調なようです。その理由としてはビジネスの巧みさもあるでしょうが、やはり車自体の魅力の大きさが最大の要因ではないでしょうか。テスラ社最初の量販車である「ロードスター」は、ポルシェ級の加速性能と400kmに迫る航続距離、そして携帯電話用のバッテリーを流用するなどの発想の斬新さにより、大きなインパクトを与えました。日本での価格は1,500万円程だったので、さすがにおいそれと手を出せるものではありませんでしたが、それでも無理をしてでも欲しいと思わせる魅力がありました。

この「ロードスター」は既に生産が完了しましたが、それに代わる新たな主力プロダクツが、「モデルS」です。2シーターのスポーツカーから一転、ビッグサイズの4ドアサルーンへと変わりましたが、魅力たっぷりの車である事には変わりはありません。その動力性能は0-100kmまでの加速が4.6秒と、ロードスターには一歩を譲るものの、ハイパフォーマンスカーを名乗るに十分なものを持っています。そして、EV最大の懸案事項とも言える航続距離は、バッテリー容量の一番大きいモデルを選べば、500kmにも達するのです。これは、日帰りドライブならまず十分と言える距離なので、後続距離の呪縛からほぼ解放され、実用的が大幅に向上していると言えます。

国内での販売価格は現時点では未定ですが、最も高価なモデルでも1,000万円代の前半には収まるのではないかと推測しています。絶対的には高価ですが、そのパフォーマンスから比べれば決して割高とは思いません。この素晴らしいテスラ・モデルSに問題があるとすれば、1,964mmという、2mに迫らんばかりの全幅の広さです。これは、日本の路上ではさすがに大き過ぎると言うべきでしょう。又、これだけの大きさの車には必需品とも言えるパーキングソナーが装備されていないので、取り回しには相当神経を使いそうです。これらの点に、アメリカ生まれの車である事がはっきりと見て取れます。逆に、大きな車の取り回しに自信がある人なら、間違いなく「買い」でしょう。

 

生産完了が惜しまれるEVスポーツカー~テスラ・ロードスター

photo by FaceMePLS

 

テスラ社は既に新型のモデルSの生産を立ち上げ、初代モデルのロードスターは生産完了しています。しかし、モデルSとロードスターではそもそもカテゴリーが全く異なり、当然ながらユーザー層も異なります。未だにロードスターはこの車ならではの魅力に溢れ、生産完了が惜しまれます。テスラ・ロードスターの最大の魅力は、何と言ってもベースモデルの方で0-96マイル加速が3.9秒、手巻きコイルのSの方なら3.7秒という動力性能の高さにあります。これは、今日でもEVとして第一級のものです。

動画サイトにテスラ・ロードスターが加速する様子がいくつも投稿されていますが、「ヒューン」というモーター特有の唸り音をあげながら矢のように加速して行く様は、実に恰好良くて憧れを感じます。動画を見ると、一度でいいからあの加速を体験してみたい、という思いが募ります。又、400km近い航続距離もロードスターの魅力です。最大500km走れるグレードも選べるモデルSには一方を譲りますが、他社のEVと比べれば現在も断トツの航続性能です。日本のチャデモ規格の充電設備に対応しないのは残念ですが、これだけ走れば日帰りドライブ程度なら十分対応出来そうです。

デザイン面では、ロータス・エリーゼがベースなのでEVらしい雰囲気には欠けるものの、如何にもスポーツカー然とした形には好感が持てます。現時点でこのテスラ・ロードスターを購入する場合、中古車を探す事になりますが、さすがにタマ数はごく少ないようです。ちょっと乗ってみたいだけなら、レンタカーを貸してくれる所もあるので、そこで借りてみるのも良いかもしれません。返したくなくなってしまう可能性があるのが、問題ですが・・・。

-好きな車

Copyright© 八尾で車買取を依頼するなら絶対ココがお勧め!【2019年最新版】 , 2019 All Rights Reserved.